転職サイトに登録してみた

ただのつぶやき3月

転職サイトに登録してみた

さて、母の介護のあとはどうするか。やっぱり仕事をしたいなあ。と、この年齢でどうかとも思ったが、可能性はあるのか、転職サイト「リクナビnext」および「doda」に登録してみた。dodaについては「スカウトサービス」の同時登録となっていて、夜だったにも関わらず、登録ボタンを押した後10分もかからないうちに携帯に電話があってとてもびっくりした。内容は早々にキャリアカウンセリングを20分程度電話でやりとりをしたいとのことで、翌日の午後で時間を決めてお話をすることとなった。それまでに、ネット上のプロフィール、履歴書、職務履歴書を埋めておいてほしいということと、打ち合わせ内容をメールで送るのでそれにそって話がしたいということである。

!– wp:paragraph –>

ちなみに、これまでの働いてきた苦労話と参考になるような事例は後々に紹介していきたいと考えているが、新卒で入った地元中小企業で31年勤めて来た。出世欲はなかったが、負けず嫌いなことと、基本「断らない仕事スタンス」であったため順調に役職があがり、事業部マネージャー、人事教育マネージャー、そして営業部長と女性管理職として華々しい?役職を与えてもらっていた。年収もそこそこ。辞めると言った時には、当然99%の人にもったいないと言われた。それでも・・・という話は、もっと先で打ち明けたいと思う。

ということで、翌日カウンセリングを受けたが、これがめちゃくちゃな会話となってしまった。エージェント側にしたら、年度の替わる一番転職しやすい時期で是非とも話をすすめたいという勢いですすめてくれているのだが、こちらとしては、まだ在職中(有給消化中であった)ということと、母の入院で右往左往していて、気持ちの中では、母の寿命が見えてしまった後に再就職活動と考えていたので、すごく温度差がでてしまい、結論として、それでは6月くらいに再度スカウトサービス再開くらいの予定でいったんサポートを打ち切りますね。ということとなった。よっぽどあきれられたのか、途中「そのような考えであれば(すぐ働くのであれば週2日程度、時間の都合をつけたいと介護の都合を言ってしまった)自分で起業されるのがベストと思いますよ!」とちくり。

現在は、新しい求人情報があればメールが届くシステムのみ利用していて(リクナビについてはエージェント登録まではしていなかったので、同じくメールと受け身のオファーを待つ登録のみ)それでも毎日10件くらいのおすすめ情報を頂戴している。

ちなみに、やたら来るのは、建設(不動産)業界と保険と塾のオーナー!どれも年収1000万越えのオファーである。

今はまだ何も動けてないが、行動開始までにネットで評判を調査したり同じような境遇の人との交流をしてみたいと思っている。

とりあえず、今週はやっと退職手続きをすすめるタイミングである。ハローワークへ行って、健康保険や年金の手続きを行う。それから考えよう。      

つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました